全軽連では、軽貨物運送業で独立を目指す人を、開業から運営まで、万全のサポート体制で支えてくれます。
開業する際は、まず陸運支局に業者としての届け出を行う必要がありますが、そのための資料作成から届出までの手続きをサポートしてくれます。
次に、こちらの要望を踏まえたうえで、固定の仕事先である「請負先」を紹介してくれます。
同時に、いろいろなアドバイスも貰えます。
そして、請負先の企業が決まれば、仕事の内容や条件などについて打ち合わせを行うわけですが、初回の打ち合わせには、全軽連の社員が同行してくれます。

誰しも最初は緊張するので、これは心強いサービスと言えます。
そして、その企業との契約が満了すれば、次の仕事を紹介してくれるので、自分で営業をする必要がなく、営業が苦手という人でも心配は要りません。
その後も、「事業を拡大したい」「規模が大きくなってきたので、法人にしたい」などの経営に関する相談も受け付けています。
また、車を使った仕事には事故が付き物ですが、万一事故を起こしてしまった場合でも、保険会社の担当が的確な指示をくれますし、荷物の紛失や破損についても、「積載貨物補償制度」が用意されているので安心です。

◆仕事と連絡事項

主にワンボックスタイプの軽自動車を利用した運送業を展開しているものに、全軽連という名称の団体が存在しています。会員となるためには、本部や各営業所に連絡することによって、初回には業務内容や各種注意事項、そして経営に関する内容等を知ることができます。地区ごとに説明会が随時開催されているために、誰でも参加することが可能とされています。実際に全軽連でお仕事を始める方の場合では、顧客とのやり取りに関しては、常に誠実な対応を行うことも大切な部分とされています。

本部や営業所のスタッフによって、顧客開拓が実施されており、全国各地で仕事をしている方の荷主を新しく開拓されています。その結果として加盟者は基本的には運送に専念することが可能になりますが、その一方で自らが開拓をすることも可能となります。この点に関しては、担当するエリアの営業所に連絡することも必要な場面があり、契約をスムーズに行うために必要なサポートが実施されていることも魅力になります。そんな中、体調不良等で仕事を一時的に休む方の場合であっても、万全なサポートが行われているために、完全に個人として事業を始めることと比較した場合では、不具合なく仕事を進めていくことができます。

◆全軽連が荷主を紹介してくれます

運送業を行うに当たって最も大変なのが営業です。独立開業をするのは手続きだけの問題ですから、難しいものではありません。しかし、お客さんがいなければ経営を行っていくことはできないのです。これは当たり前のことといわざるを得ないでしょう。ですから、まったく何もない状態から独立開業するというのは、多くの困難を伴います。たとえば、最初の何年かは赤字続きだということもありえることなのです。

赤字で経営をしたいという人はいないでしょうが、詰めが甘い状態で独立開業をすると、そうなってしまうこともありえます。まずは、独立開業するための基本的なノウハウを学ぶことが必要です。すでに運送業を行っている人ならある程度は理解しているでしょうから、自分で営業をかけて仕事を取ってくるといったこともできます。

実際、自分で営業をしてお客さんを確保し、そして独立した経営を行っている人もいます。運送業をずっと続けていた人なら、これができるのですが、これから運送業界に参入しようと考えている人なら、これはなかなか難しいことです。では、どうすればよいのでしょうか。まったく検討も使いないという人もたくさん伊ラッサ春でしょう。

最も良い方法は、サポートしてくれる会社を探すことです。たとえば、全軽連ならいろいろなサポートを行ってくれますから、このサポートを利用するのも良い方法です。荷主となるお客さんに対しては、全軽連が営業を行ってくれます。そして、それを紹介してくれるというシステムになっているのです。

実際には企業と直接契約を結ぶことになり、企業から料金を受け取ることになります。斡旋をしてくれる会社だといっても良いでしょう。ですから、料金からマージンをとられて安い賃金で働かなければならないといったことはありません。紹介してくれた企業と直接的に取引を行いますから、その企業から得られる料金がそのまま売り上げとなります。つまり、仕事をすればするほど儲かるわけです。

自分で仕事を探さなくても仕事を見つけられるというメリットは非常に大きいと考えられます。サラリーマンとして雇用される場合に比べると多少のデメリットはあるとしても、仕事をすればその分だけ売り上げが上がるというメリットは非常に大きいといえるでしょう。初めて運送業に参入したいという人にとっては、このようにお客さんを紹介して斡旋してくれるサービスを利用するメリットは大きいと考えられます。

全国軽自動車運送連合会 – Wikipedia

東京商事株式会社(全軽連)の株式取得(子会社化)に関する件 | PLUS プラス株式会社

全軽連の求人| Indeed.com